老人ホームのセンター長が衝撃の暴露!!

「親を入居させたい老人ホームが見つかった時」に、
家族が、絶対にやってはいけない「こと」は?

<<ご存知でしたか?>>

「ホームの入居審査は、はじめての〇〇から始まっている」という”事実”

まずは、あなたに「老人ホームへ入居するまでの流れ」についてご説明します。この部分を、ご存知の方は、読み飛ばしてただいても構いません。

1)気になる老人ホームへ資料請求
2)見学希望の連絡をする
3)見学日時のアポイントを取る
4)ホームの見学
5)申し込み
6)入居審査(書類審査+本人との面談審査)
7)入居契約(必要書類の提出)
8)入居金等の支払い
9)引越し

施設によって、多少の違いはあるようですが、ほとんどの施設が、このようなスケージュールで進んでいきます。

ところで、このスケージュールをはじめてご覧になったあなたは、
このように感じたのではないでしょうか?

「あたりまえでしょ。何も驚くようようなことじゃないでしょ!」

そうなのです。

これまでにあなたが経験してきた「アルバイト」や「就職活動」「大学進学」や「専門学校進学」の流れと、良く似ていることに気が付きますよね。

それこそ、重要なポイントなのです!!

あなたが
アルバイトや就職の電話をするとき、どのようなことに気を付けるますか?

たとえば、このようなことではないでしょうか?

  1. 人事担当者が忙しいと思われる時間帯は、避けて電話をする
  2. 言葉使いに気を付ける
  3. 面接希望日を聞かれたらすぐにこたえられるように、候補日を複数用意して電話をかける
    ・・・などでしょう。

これらのことは、社会人として、当然であり、常識とも思えるのですが

老人ホームの入居相談担当者は、あなたの資料請求の電話から、あなたの審査をはじめているのです。

  • マナー違反の方は、お断り
  • 自分は「お客様。神様」だと、勘違いして話をしてくる人は、お断り
  • 自分のスケジュールすら確認しないで電話をしてくる人は、お断り

あなたが「老人ホーム選び」をしているのと同じように、老人ホームの担当者も「入居者選び」をしていることを知っておいてください!

「入居審査」は、入居者本人だけでなく、入居される方のご家族も審査対象になっているのです。
そして、入居審査は「資料請求をする時の、あなたの態度」から始まっているのです。

特に、人気のある老人ホームは、入居審査が厳しいものです。
なぜなら「よい入居者様を選んで、入居いただくことで、さらに人気のあるホームになることを知っている」からです。

だからと言って必要以上に、あなたがホームに対してペコペコする必要はありません
常識豊かに、自分の親がお世話になるかもしれない、ホームのスタッフも、入居者も入居者の家族であっても、対等の立場であることを忘れずに、丁寧に資料請求することから始めるようにしてください

関連記事

  1. 老人ホームへ入居するなら「夫婦同室?」それとも「別々の部屋?…

  2. 警察から電話が来ました!「あなたの親を保護しています」

  3. 介護施設に入居する前に、必ずやっておきたいことは?

  4. 認知症の方の入居先は、有料老人ホームか?サービス付き高齢者向…

  5. 「ひとりでは老人ホームを探すのは難しい」という方へ

  6. 老人ホームに入るには、やっぱり保証人が必要ですか?