【実例報告】月々の費用が「80,000円も安くなりました!」

【実例報告】月々の費用が「80,000円も安くなりました!」

2か月ほど前に、私の紹介で「老人ホーム」へ入居されたK様から、こんなお礼のお電話をいただきました。

「安斉さんに、相談してよかったです。月の支払いが、8万円も安くなりました。本当に助かりました。どうもありがとうございます。母も、とくに不満はないと知っていましたし、お友だちが増えたといっていました。どうもありがとうございます。」

もともと、困っている方のために始めた「老人ホームの紹介」ですが、このようなお電話をいただき喜んでもらうと「本当に良かった!」と、こっちもうれしくなっります。

今回は、このK様のことをご紹介させていただきます。

K様のお母様は、1年ほど前、たまたまお父様がちょっとした外出中に「脳梗塞」を発症し、自宅で意識を失い倒れてしましました。帰宅されたお父様が、意識を失っていたお母様を発見し、慌てて救急車を呼んだそうです。

幸い命は取り留めたものの、お母様には言葉を上手に話すことができない障害と左半身に麻痺が残ってしまいました。

病院から、リハビリ病院へ移り、その後、老人保健施設へ転院。そして、自宅に近い老人ホームへ入居されたそうです。

そんなときに、K様が私のことをインターネットで見つけて、ご相談に来られました。

初めてのご相談は、こんな内容でした。
「今、母親が入居中の老人ホームは、費用が高すぎるので、もっと安い老人ホームがあるのなら、なるべく早く転居したい」

具体的な金額は「1か月に必要な費用は、22万円」「老健に入居していたころと比べると、8~9万円高い」「老健と同じくらいで入れるところを探している」

私は、無料動画でもお伝えしているとおり、失敗しないための老人ホーム探しは「お金」の条件を満たすことがすべてではないと思っています。
しかし、1か月8万円~9万円も高いとなれば、それは当然、見直しが必要でしょう。

そんなご相談からはじまったK様とのご縁でしたが、ご予算や、日中の過ごし方、デイサービスなどの希望、身体麻痺などの受け入れ態勢などのマッチングを考え、私の方でご紹介したホームにご入居することが決まったのは、2か月ほど前のことでした。

そして、冒頭にご紹介したようなお電話をいただきました。
本当に良かったと思っています。

自宅介護に限界を感じ始めている方はいませんか?
病院や老健から、そろそろ退院を迫られて、ホーム探しにお困りの方はいませんか?
今、入居中のホームの費用を高くて、本当に転居をしないと、貯金が底をついてしまうと、心配な方はいませんか?

そのような方は、是非、エスエーサポートの安斉慎一にご相談ください。
きっと何かが動き始めると思います。

まずは、無料動画セミナーをご覧ください
→ 無料動画セミナーはコチラ

関連記事

  1. 警察から電話が来ました!「あなたの親を保護しています」

  2. 入居するなら「介護施設か?」それとも「高齢者住宅か?」

  3. 親の老人ホームを探している50代の方へ

  4. 「ひとりでは老人ホームを探すのは難しい」という方へ

  5. 失敗しない介護施設や高齢者住宅選びの「基準」

  6. 老人ホームの費用は、パンフレットにある金額だけじゃない?