実例紹介

 

3か月前に80歳の父親が「くも膜下出血」で緊急搬送されました。幸い一命は取り留めましたが、身体の右半分に麻痺が残り、車いすが必要になりました。現在は病院でリハビリ治療を行っています。入院期間が3か月を過ぎ、ソーシャルワーカーから、そろそろ退院後の生活を考えるようにしてほしいと話がありました。半身麻痺になってしまった父親が自宅に戻ることは、考えられません。自宅には要介護1の母がおりますが、母の力では大きな身体の父をひとりで支えることはとても不可能です。老老介護、在宅介護は絶対にムリです。それに築20年以上の家には、廊下も狭く、あちこちに段差があり、車いすでの移動もできません。もちろん建て替えるような貯蓄もありません。経済的な余裕がないため、高額な老人ホームに入ることはできません。親の住まいを売って、その資金を原資に老人ホームに入居しようかと、ぼんやりとした計画はありますが、いったいいつ売れるのか?いくらで売れるのか?何も準備できていないし、初めてのことなので、何をどのように話を進めてよいのかわかりません。地元の不動産に相談すると、父親が正常な判断をできないのであれば、回復するまで売却の手伝いはできない。と、遠回しに断られてしまいました。病院のソーシャルワーカーやケアマネに、なるべく安い老人ホームを紹介してもらえないか?と相談したところ、紹介してもらったのが、エスエーサポートでした。

 

関連記事

  1. 老人ホームの費用は、パンフレットにある金額だけじゃない?

  2. 入居するなら「介護施設か?」それとも「高齢者住宅か?」

  3. 失敗しない介護施設や高齢者住宅選びの「基準」

  4. 老人ホームに入るには、やっぱり保証人が必要ですか?

  5. 「私のおばあちゃんを、この老人ホームに入れたい!」

  6. 介護施設に入居する前に、必ずやっておきたいことは?